Opportunity

headspace

各団体の活動

headspaceはオーストラリアの若者のメンタルヘルス基金で、12歳から25歳の若者を対象に、初期段階の精神疾患への医療介入を行い、同時に若年層の健康福祉を支援しています。支援は主に4つの範囲で行われます。メンタルヘルス、身体的な健康、仕事や勉強のサポート、アルコールやドラッグに関する支援です。headspaceのウェブサイトや、オーストラリアを拠点としたオンラインおよび電話相談サービスであるeheadspace、"Digital Work and Study Service"、そしてheadspaceの教育機関向けプロジェクトを介して、若者とその家族や友人に向けた情報やサービスを利用したり、専門家と相談することができます。

ライアットゲームズの関わり

2017年のリーグ・オブ・レジェンドのプレイヤー調査によって、オセアニアのプレイヤーの最大の強みは、身心の健康状態が良好であるという点にあることが明らかになりました。headspaceとの協力の最終目標は、心の健康を維持するうえでヒントやアドバイスが利用できることを一般に周知することであり、また対面でもオンラインでもあるいは電話でも、headspaceを介して若年層の皆さんが個人的な支援を受けられることを広く知ってもらうことにあります。

「Oceanic Pro League(OPL)を通じて、私たちはプレイヤーや視聴者の皆さんに、自分や周囲の親しい人たちの生活を大きく改善できるheadspaceについての情報を提供する機会を持つことができます。OPLの配信は、オーストラリアの若いプレイヤーやesportsのファンに向けて、headspaceのアドバイスやリソースをシェアするための非常に良い機会を作ってくれています」 - Daniel Ringland、ライアットeSportsオーストラリア代表